【すすきの】すすきのの11PMで20歳の女の子とセックスしてきた【ソープランド】

前回更新から期間が空いてしまって申し訳ありません。

滝井新地についてレポートするはずだったのですが、今回は急遽予定を変更してすすきののソープランドについて書きたいと思います。

そもそもすすきのという場所について説明したいと思います。

北海道の札幌市にある歓楽街の名称で、札幌大通りから目と鼻の先にあります。

東京の吉原などに比べると、飲屋街にポツポツと風俗店があるような場所です。東京の人にはあんまり考えられないかもしれませんが。

f:id:dai_daisuke:20160711121532j:plain

上の写真はすすきののシンボルである、ニッカウィスキーの広告です。この道をさらに進んで行くと、風俗店が集積している一帯があります。

で、今回は11PMという店に行きたいと思います。すすきのの中でも90分15kという格安店の部類に入るソープランドです。

すでに予約済みのため、店の方に行き、料金を支払って待合室で待ちます、そして番号が呼ばれ、カーテンを開けると素朴な顔をした、若い女性が立っておりました。

女の子、たしかるるさんという名前だったはず、るるさんは私と少し会話をしながら互いに服を脱ぎ合います。お互いに生まれたままの姿になったら、浴室に向かい、私の体を洗ってもらい、風呂に入り、歯を磨きます。これについてはどのソープランドでも同じですね。

風呂の中で、るるさんの乳房を眺めながら、会話をし「・・・・・・そろそろしようか」とるるさんが、話を切り上げてベットに行きます。

私が寝そべると、るるさんは全身リップをしていきます。乳首も、お腹も、下腹部も、そして、ペニスに舌を這わせ、フェラをしていきます。最初は亀頭を舐めとるようなフェラから、口全体を使ったストロークで攻めていきます。

そして、私のペニスが怒張しきったのを確認すると、コンドームを被せ、るるさんが私に覆いかぶさってきました、私のペニスが彼女の膣の中に入ったのを確認すると、るるさんが上で蟲惑的に腰を振ってきます。騎乗位では顔を少し下に向けると、自分のペニスが、膣に入っているのがわかるのがとてもいいですね。

そして正常位に移行します。私がるるさんに覆いかぶさり、るるさんの膣穴を確認して、一気に突き上げます。そして、一気に腰を振ると私が射精してしまうため、すこしづつゆっくりと、自分のペニスで膣の中を絡め取るようにピストンしていきます。その時に彼女の乳首を舐めたり、揉んだりすることは忘れません。

最後はバックで動物のように腰を打ち付けます、自分を忘れて無我夢中に亀頭を子宮口をノックします。そうしているうちに、彼女を方から「お尻を叩いてください」という要望があり、私もセックス中に女の子の尻を叩くのは初めてだったため、腰を押し付けつつ、彼女のお尻に赤いあざが付くぐらい強い力で叩いていきます。

その度に彼女は「アァン!」や「ヒィン!」といい声で鳴いてくれるため、こちらのテンションを上がり、彼女の中で果てました。

そのあと、二人でベットで添い寝しながら、いろいろ語りつつ、店を出ました。

いいセックスだったと思いつつ。後日また、ここに来ることになるです。