【タイ風俗】バンコクのエロマッサージ「ニャンニャンマッサージ」でタイ人の女の子とセックスしてきた【エロマッサージ】

f:id:otsukadaidai:20171016193311j:plain

タイの風俗と言ったらゴーゴーバーとマッサージパーラーなどが有名ですが、実は本番ができるマッサージ屋も有名です。今回は日本人が経営しているエロマッサージ屋の「ニャンニャンマッサージ」を紹介していきます。
場所ですがスクンビットのsoi33という通りにあります。日本料理店とマッサージ屋が密集している場所でわりとわかりやすい場所にあります。
このsoi33を通っている途中に、風俗嬢らしきタイ人女性に結構声をかけられたりしましたが、無視して目的の店に向かいます。

ニャンニャンマッサージに到着すると、フロントに日本人の男性が座っておりました。聞くと日本人の店長であるとか。在籍表をもらい、5分ほど考えた後、24歳の「マイ」というタイ人の女の子とセックスすることに決めました。

店長に女の子を指名して、少し経った後に店の奥から女の子がきました。この女の子が「マイ」です。

女の子に手を引かれ、2階にあるヤリ部屋に行きます。

そして互いに服を脱いで、シャワーのみのバスルームで汗を流し、ベットに横になります。そうしていると、全裸の女の子が私に覆いかぶさってきました。プレイ開始です。

女の子がまず、私の体中を舐めまわしてきます。首筋、乳首、唇、ペニス、そしてアナル。そうしているうちに、私のペニスが硬度を増してきました。

ペニスが固いうちにコンドームを装着させられ、そのまま女の子が私に跨り、ペニスがずぶずぶと膣内に入っていきました。

私に挿入部分を見せつけながら、騎乗位で合体します。最初はゆっくりと腰を上下して、セックスしていましたが、徐々に上下するスピードが速くなってきました。

そのあとは、私の上で女の子が激しく腰を打ち付けてきます。女の子もほかの部屋に聞こえるくらいの喘ぎ声を出しながら、ヴァギナの肉襞で私の射精感を高めてきます。

最後の方は私の舌から腰を打ち付けながらの激しい交尾でした。パチンパチンという肉がぶつかる音と、ぐちゅぐちゅという性器が擦れあう音と、女の子の喘ぎ声が部屋に響かせながら、女の子の中で射精しました。女の子も膣が痙攣しており、イったことがわかります。

そのまましばらくつながったままでいましたが、ペニスを抜き取り、コンドームを取るとそこには大量の白濁液が溜まっていました。

女の子から二回戦のお誘いがありましたが、午前にタイを観光して、午後にこんなに激しいセックスをしたあとだと腰が立たず、マッサージをしてもらいました。

最後は女の子に少額のチップを渡し、店を後にしました。

次はMPポセイドンに行った後にMPナタリーに行ったときの話をしたいと思います。