【タイ風俗】また、バンコクのエロマッサージ「ニャンニャンマッサージ」でタイ人の女の子とセックスしてきた【エロマッサージ】

f:id:otsukadaidai:20171117001830j:plain

お疲れ様です。タイ風俗の記事も最後になりますが、旅行の最終日にまたニャンニャンマッサージに行ったときの話をしたいと思います。

タイ最終日に荷物をまとめて正午にホテルを出ます。スクンビット通りをキャリーケースを引きずりながら向かう先は、エロマッサージ密集地帯にある「ニャンニャンマッサージ」です。二日前にも行ったことはあるのですが、正午の時間にバンコクでセックスするにはエロマッサージ屋しか空いておらず。二日前に行ったエロマッサージ屋に行くことにしました。今思うと、せっかくバンコクに行ったのだから、別のエロマッサージ屋に行くべきだったと後悔しています。

「ニャンニャンマッサージ」に到着し、フロントの女の子に、出勤中の女の子の写真を見せてもらいます。そして「ラッキー」という女の子を指名すると、フロントの女の子が少し驚いた表情をします。私が指名した女の子は、フロントの女の子だったのです。

キャリーケースを預け、二階のヤリ部屋に行きます。そして、部屋に入ったあと簡単に自己紹介し、服を脱ぎ始めます。そしてシャワーで体の洗いっこをして、体を清めます。

そして互いにベットに腰かけ、世間話をします。この店の店長が日本人であるということや、ホームページに女の子が掲載されているが、あまり出勤する女の子もいないということも話してくれました。女の子は23歳で細見でかわいい女の子でした。話してみると優しい女の子だということがわかりました。

そして私が女の子に覆いかぶさり、女の子の体を舐め始めます。乳首からへそ、そして膣口を舐めまわして、女の子を昂らせます。そして女の子を私のペニスを舐めて69の態勢に入りました。互いに準備万全になったら、コンドームを装着して、女の子の中に入っていきます。

しばらくは正常位のまま、女の子をつながったままでしたが、女の子とキスをしながら腰を振り続けます。膣璧はせまく、つながっているだけでイってしまいそうです。それでも、女の子の膣の感触を味わうために、何度も腰を打ち付けます。

バックの態勢に入り、女の子の背中と私とつながっている部分を凝視しながら腰を振り続け、そのまま射精しました。言った後は、バックのまま女の子の背中を抱きながら、数分間つながったままでいました。

そして一回戦目が終わった後は、女の子がマッサージをしてくれました。背中や腰、足など疲れが溜まっている部分をマッサージしてくれます。そして、女の子の手が少しずつ私の局部に触れてきます。

仰向けになった後は、女の子が私のペニスを軽くしごいてフェラをしてくれます。そうしているうちに臨戦態勢になり、コンドームを付け、今度は女の子が私に跨り、そのままペニスがヴァギナの中に入っていきました。

手で女の子をおっぱいを揉みながら、女の子は私の上で熱心に腰を上下してくれます。このままだとそのままイってしまいそうなので、またバックの態勢になります。

最後は動物のように女の子と交わりながら、そのままバックで果てました。2回目とは思えないほど射精しました。

そしてそのまま数分間、ベットの上で荒い息を立てながら休み、そのままシャワーを浴び、服を着ます。

最後に女の子にお礼と、少しチップを渡したら喜んで抱き着いてきました。とてもかわいらしいです。

最後は店先で別れの挨拶をして、店を出て空港に向かいました。

地下鉄、エアポートレールリンクを経由してスワンナブーム国際空港に到着し、新千歳空港行の直行便で帰途へ着きました。

次は韓国の588に行った時の話をしたいと思います。