【タイ風俗】バンコクの高級マッサージパーラー「ポセイドン」でJカップタイ美人と濃厚セックスしてきた【マッサージパーラー】

f:id:otsukadaidai:20180711181742j:plain

お疲れ様です。実は年末年始にタイに一週間ほど滞在して夜遊びの旅を満喫しております。

新千歳空港からスワンナプーム空港に到着して、エアポートレールリンク(タイの空港直通鉄道)に乗り、スクンビット地区にあるホテルに行く予定だったのですが、すでにエアポートレールリンクに乗っている時点でかなりムラムラしていた私は、キャリーケースのまま、地下鉄でポセイドンに向かうのでした。

そしてスティサン駅から出て、数分歩いた所に高級マッサージパーラー「ポセイドン」はあります。上の写真は到着時に撮影した写真です。この建物全てが風俗店というのですから、バンコクの風俗の規模の大きさに驚かされます。

店内に入り、キャリーバックを預け、1Fのひな壇に並ぶ女の子たちを選ぶタイムです。コンシアから、このNoからNoは2600B、ここから2800B、ここから3000Bという風に説明を受けて、自分の財布と相談しながら女の子を選びます。その中でもJカップほどの乳房と整った顔立ちをした2600Bの女の子を選びました。

女の子に「私を選んでくれてありがとう!」とお礼をもらいながらエレベータに乗り、ヤリ部屋のある6Fに行きます。エレベーターに乗っている間も、キスをしてきたりなど、イチャイチャしており股間がどんどん膨れ上がってきます。

部屋に入ると頼んだドリンク(私の女の子)で乾杯です。ここまででドリンクやチップなどで300Bほど消費していますが、許容範囲内です。

そして、女の子によって服を脱がされ、風呂に誘われます。私が浴槽に使っていると、女の子も服を脱ぎ始めますが、なんと女の子はパンティーをつけていませんでした。

女の子が全裸になり混浴すると、スイカップと行っていいほどのおっぱいが視界に入ってきます。女の子が私の体を洗っている間に、私は女の子のおっぱいを弄ります。そして風呂場で望遠鏡フェラが始まります。舌を丁寧に使ってのフェラはとても気持ちよかったです。

そして風呂から出てベットに横になると、女の子から攻撃が始まりました。まずはDKからの全身リップ、そして激しいフェラです。私も興奮を抑えきれず、私に覆いかぶさっている女の子の下半身を弄りながら、膣に指入れします。女の子の膣はしっとりと濡れており、指もスルッと受け入れてくれました。

私も女の子も準備完了になるとコンドームを装着し、ついに騎乗位でひとつになりました。女の子が私の上で激しく動いていると、たわわなおっぱいが落ちそうなほど揺れており、さらに興奮度を高めました。

そして体位を変更し、正常位になります。女の子に覆い被さりながら、DKで舌を絡めながら腰を振り続けます。最初から激しいペースで口と膣を攻め上げていきます。DKをしながら激しくセックスをすると、私と女の子がまさにひとつになっていると錯覚するほど、女の子と交わっていました。

そしてバックに変更し、鏡の前でバックで女の子を犯して行きます。女の子の背中のボディラインを見ながら腰を振り続けますが、鏡で自分が女の子をバックで犯している姿を見るのはたまりません。

最後は正常位に戻り、ベットがギシギシ軋むのを気にせず無我夢中で女の子を求めます。DKをしながら、夢中でピストンします。「オーイエス!」と女の子が叫ぶのを聞きながら、射精感が高まっているのを感じつつ、最後は女の子の唇を貪りながら女の子の中で果てるのでした。

事が終わると、女の子は余った時間を使ってマッサージをしてくれました。キャリーバックを持ちながら、スワンナプーム空港内を往き来していた私にとって非常にありがたかったです。

コールがなり、お別れの時間になりました。最後にチップを渡しつつ、写真を一枚撮っていいか聞くと承諾してくれました。

f:id:otsukadaidai:20180711181848j:plain

写真じゃわかりづらいかもしれませんが、マジモンのスイカップでした。

お別れの挨拶をしてポセイドンを後にしました。